感音難聴

説明

感音難聴とは、内耳の中の蝸牛内(音を感知する有毛細胞)や、聴覚神経の機能に問題が起こる症状を指します。内耳に損傷が及ぶと、特定の音の電気信号が脳に伝達される機能が失われます。その結果、音が実際とは異なって聞こえる、あるいは全く聞こえなくなるのです。こうした脳への音の伝達器官に問題が起こると、「p」「k」「f」「h」「s」「sch」などの高い音の音声信号が脳に届かなくなります。これにより、子音声を理解する能力に深刻な影響を及ぼします。同じように言葉や発音でも、同じような問題が発生するようになります。感音難聴は、雑音や音量には大きな影響を及ぼさない一方で、音像(サウンドイメージ)には影響が起こります。こうした問題は、補聴器を装着することで改善される可能性があります。

どなたのための補聴器ですか?
聴力検査は最近なさりましたか?
現在補聴器をお使いですか?
補聴器を購入して何年ですか?
耳の遠さを、どれくらい早く改善したいと思いますか?
どのような状況において、耳が遠いと感じますか?
あなたのメールアドレスをご入力ください
お客さまの状況に応じた内容のアドバイスを、ご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
お客さまのデータは、機密事項として取り扱います。データは安全に暗号化され、第三者に送信されることはありません。
ご相談のお申し込みありがとうございます
聞こえの相談員よりお電話いたします。 今後のステップは:
ご質問はお気軽に:
(平日) 10:00〜19:00
(土日・祝) 定休

原因

感音性難聴 - 内耳損傷

感音難聴の主な原因には、大きな音を長期間聴いていたことで、内耳に損傷を起こした場合などが挙げられます。その他にも、メニエル病、妊娠中の麻疹・風疹といったウイルス感染による胎児への感染によって起こりうる先天性難聴、老人性難聴、さらには遺伝的要因、腫瘍、頭蓋外傷、突発性難聴などにより起こる場合があります。

治療

病気により発生した感音性難聴は、投薬治療により改善できる場合があります。聴力が極端に低く、重症度の高い場合は、人工内耳を移植して蝸牛神経に直接刺激を伝える方法が、最善の対応策となることがあります。感音性難聴では、(片耳、両耳を問わずに)補聴器を装着することで、効果的に改善される場合が多くあります。これにより、利用者は、より充実した生活や健康を手にすることができます。

あなたにピッタリの補聴器を 無料電話相談を専任カウンセラーが承ります。 お気軽にどうぞ!
{$audTemplate.img_trustbar_default_altText}