伝音難聴

説明

外耳、中耳に機能障害が生まれることで、音の伝達がうまく行えずに聞こえの問題が発生します。音の電気信号や音が明確に区別されなくなることが原因です。こうした聞こえの問題により、音の高さが適切に認識されなくなります。医療の分野では、伝音難聴を、一時的なものと、慢性的なものの2種類に区分しています。

例えば、一時的な伝音難聴は、中耳炎により耳小骨に詰まりが起こると発生します。こうした症状は、投薬や外科手術で治療が可能です。慢性的な伝音難聴が発症すると、内耳に対して音の音圧レベルの伝達が適切に行われなくなります。こうした症状が発生した場合、補聴器を利用して音圧レベルを増幅させることで、音の電気信号の伝達をを大幅に、あるいは完全に修復させることが可能になります。オーディベーネの専任の聞こえのカウンセラーは、最適な補聴器をお選びいただけるようお手伝いいたします。

どなたのための補聴器ですか?
聴力検査は最近なさりましたか?
現在補聴器をお使いですか?
補聴器を購入して何年ですか?
耳の遠さを、どれくらい早く改善したいと思いますか?
どのような状況において、耳が遠いと感じますか?
あなたのメールアドレスをご入力ください
お客さまの状況に応じた内容のアドバイスを、ご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
お客さまのデータは、機密事項として取り扱います。データは安全に暗号化され、第三者に送信されることはありません。
ご相談のお申し込みありがとうございます
聞こえの相談員よりお電話いたします。 今後のステップは:
ご質問はお気軽に:
(平日) 10:00〜19:00
(土日・祝) 定休

原因

伝音難聴(例:耳硬化症)

伝音難聴は、様々な原因で発生する可能性があります。まずは伝音難聴が一時的なものか、それとも外耳あるいは内耳に問題を引き起こす慢性的なものかを、判断する必要があります。一時的な難聴とは、耳垢塞栓や、外耳道に異物が入ることで発症する(プールなどで感染する)外耳炎などです。一方、慢性的な伝音難聴は、外耳や外耳道の先天性異常、慢性的な中耳炎、または鼓膜に空いた穴などが原因になりえます。耳硬化症もまた、慢性的な伝音難聴を引き起こす原因となることがあります。耳硬化症は、中耳と内耳の骨の病気です。その部分の骨の異常な成長により、あぶみ骨が固着し、自由に動かなくなります。これにより音の伝達がうまくいかず、中耳および内耳の機能に障害を及ぼします。

治療

通常、一時的な伝音難聴は、医師の治療により比較的簡単に治すことができます。しかし、慢性的な伝音難聴は、より治療が困難となります。一例を挙げると、外耳や耳道の先天性異常や、鼓膜の穴、耳硬化症なども外科的介入が必要となります。すべてのケース(特に外科手術が不可能である、あるいは患者が手術を拒否した場合)において、補聴器を使うことで、聴力レベルの回復が見込まれます。 今すぐオーディベーネの聞こえのカウンセラーにお問い合わせいただき、無料のカウンセリングをお受けください。伝音難聴の適切な治療や対応策について、お客さまをサポートいたします。

聴力測定の中の純音聴力測定によるオージオグラムにおける伝音難聴の兆候と症状:< = 骨伝導、 X = 空気伝導。典型的な症状として、気導聴力測定と骨導聴力測定のオージオグラムに相違が生まれます。
あなたにピッタリの補聴器を 無料電話相談を専任カウンセラーが承ります。 お気軽にどうぞ!
{$audTemplate.img_trustbar_default_altText}