混合性難聴

説明

混合性難聴とは、伝音難聴と感音難聴の両方の症状が見られる状態を指します。この種類の難聴では、より多くの弊害が見られます。

治療法は、難聴の程度や性質により異なります。軽度または一時的な難聴の場合は、投薬治療で十分対処できる可能性があります。しかし、中等度の難聴の場合は、一般的に補聴器が処方されます。かなり深刻な混合性難聴の場合、埋め込み型骨導式型補聴器を導入することもあります。治療方法を決定するのは、通常、耳鼻咽喉科医または補聴器販売店です。

どなたのための補聴器ですか?
聴力検査は最近なさりましたか?
現在補聴器をお使いですか?
補聴器を購入して何年ですか?
耳の遠さを、どれくらい早く改善したいと思いますか?
どのような状況において、耳が遠いと感じますか?
あなたのメールアドレスをご入力ください
お客さまの状況に応じた内容のアドバイスを、ご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
お客さまのデータは、機密事項として取り扱います。データは安全に暗号化され、第三者に送信されることはありません。
ご相談のお申し込みありがとうございます
聞こえの相談員よりお電話いたします。 今後のステップは:
ご質問はお気軽に:
(平日) 10:00〜19:00
(土日・祝) 定休

原因

混合性難聴は、慢性的な中耳炎や、内耳に耳硬化症が発生した場合などに起こります。しかし、伝音難聴と感音難聴それぞれに、別の理由から発症するケースもあります。

治療

混合性難聴は、伝音難聴と感音難聴の両方の症状が起こります。そのため、治療法も患者により異なります。つまり、個々人の症状に応じて、適切な治療法を見つける必要があります。一時的なもの、または軽度の難聴の場合は、薬物治療が施される場合があります。中等度、または慢性的な難聴の場合は、補聴器の装着が最善の方法と考えられています。また、各症状の詳細に関しては、伝音難聴と感音難聴それぞれに関するその他の資料を参照してください。

 

 

混合性難聴に関して、より詳しいアドバイスやサポートをお求めですか?今すぐ私どもの専任の聞こえのカウンセラーにご相談ください。無料のカウンセリングを行わせていただきます。私たちは、お客さま一人ひとりのニーズに適した、最高の補聴器を見つけるサポートをいたします。

あなたにピッタリの補聴器を 無料電話相談を専任カウンセラーが承ります。 お気軽にどうぞ!
{$audTemplate.img_trustbar_default_altText}